TOP > 五月人形TOP
埼玉県さいたま市岩槻区人形のまち岩槻 小木人形

五月人形を飾る意味は? 端午の節句は男児の健やかな成長を祈るお節句です。鎧兜を飾り鯉のぼりを揚げて、粽や柏餅で祝う行事。


男の子の誕生を祝う行事:端午の節句は奈良時代から伝わリます。勇壮な男児の象徴の鎧兜を飾ったのが江戸の中頃から。元気に育って欲しいご家族の願いを込められます。 端午の節句、五月人形の意義

菖蒲が勝負に通じるところからも、五月人形 鎧や兜を飾ります


端午の節句は五節句の一つ



菖蒲は゛尚武゛や゛勝負゛と発音が同じことから男児の節句となった。

五月人形の飾り方 ......................................................................

五月人形の飾り方(並べ方)・仕舞方が分かる

端午の節句の歴史は古く、奈良時代から朝廷の節会が行われていました。

端午の節句が武家の風俗と結び付くのは、鎌倉以降の武士の抬頭からです。

菖蒲が勝負に通じるところからも、鎧や兜を飾り、家の安泰と隆盛を願う、祖先崇拝の性格をもっていました。

江戸時代に入ってから、端午の節句が五節句のひとつに定められる、幕府の重要な節日となった。

武家では甲冑、刀などを飾り、戸外には幟を立てて祝った。
この風習が庶民の間につたわり、男子の祝日として、定着して今にいたったのです。

五月の節句の飾りは屋内と屋外に分けられますが、はじめはすべて屋外飾りでした。

鎧兜、人形などが小型化され、座敷飾りが始まりました。
だからといって屋外の飾りがなくなってしまったわけではなく、武者絵や鍾馗を描いた幟や、鯉のぼりは現在まで続いております。

五月人形の鎧兜は
災難や諸々の身代わりとなるお子さまの大切なお守りの役目です

五月人形の飾り方・鎧 兜に大将飾り
...........................................................................................
.............................................................................................
鯉のぼりの飾り方・しまい方Q&A
こどもの日、端午の節句おもてなし料理

我が家の端午の節句の祝い方

初節句には両家の祖父母を招いておもてなし料理を囲んで楽しく♪

小木人形では【お子さまの行事の料理】で皆様のお役に
たたせていただいています。

是非ご利用ください。
鯉のぼりは男児の立身出世を願い端午の節句には欠かせません。

端午の節句にはお子さまの立身出世を願う鯉のぼりを上げます。



鯉のぼりの取り扱い方・注意点


鯉のぼりを揚げる際の注意点など
知っておきたい事が分かる。
...............................................................................................

...............................................................................................

ページTOPへ
TOP