お子さまの通過儀礼 祝い事  お宮参り・七五三

お子さまは生まれてはすぐにお宮参り、お食い初め、初節句、七五三はと続きます。

無事に生きていることへの感謝の心を育てる行事です。お子さまの行事 七五三の行事
 

九月も半ばにもなると七五三のお祝いをなされるご家族もいらっしゃいます。

おめでとうございます。
  • お子様のお祝い事 –お宮参り

お子様が生まれて初めて産土神(うぶすまかみ)におまいりする行事です。
お子様がこれから住む土地の氏神様におまいりするのが本来です。

お参りする日、は地方によって違い、生後五十日とか百日目というところもあります。
最近は三十日目頃に行われるのが、多いようです。


  • お子様のお祝い事 –七五三

髪置」の儀式 3歳 男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。

袴着」の儀式 5歳  男児がはじめて袴を着ける儀式

帯解」の儀式 7歳 女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。

男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳で『七五三』の御祝いを致します。

七五三を江戸時代からのことで、五代将軍徳川綱吉が息子の徳松の健康を無事に5歳になったお祝いを11月15日におこなったことから、それが庶民に広まったともいわれています。

 

お子さまの初正月飾りの破魔弓・羽子板、2017年度雛人形予約会を11月1より営業です。

 

羽子板・破魔弓:11月1日~12月29日

ひな人形:11月1日~2月24日

期間中は無休で営業いたします。


人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 雛人形 五月人形がわかるサイトへ雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内

赤ちゃん授乳室完備 
 

お子さまのお祝い お宮参り

初節句はお宮参りを済ませてからが一般的です。

お宮参りとは赤ちゃんが生まれてはじめて氏神さまに参拝する行事です。

祝い着には『一つ身』と言う背縫いの無い着物で参拝いたします。

地域によっては異なりますが、男の子は生後三十一日目、女の子は三十二日目に行われるのが一般的です。

家族の絆を感じます。

昨日も氷川神社にはお宮参りのご家族が沢山いらっしゃいました。
社務所に申し込みし、祝詞をあげてお祓いを受ける、なんと神聖な行事でしょう~~。

koboku-ningyo雛人形・五月人形  人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備

お子さまのお祝い行事七五三

家族の絆を感じます。

お子さまのお祝い七五三おめでとうございます。

今日は10月のお天気は秋晴れとは言えませんが、なんとか午後には陽もさし、すがすがしい日曜日です。

さいたま市の武蔵国一の宮”である氷川神社に参拝をしてきました。

毎週のように出かけるのですが、今日はさすが七五三のお祝いの参拝者で賑わっていました。

今は七五三のお祝いは11月15日に限らず10月にお祝いされる方も多いようです。

ところで、今日は時刻は午後二時半ごろでしたが、ご祈祷前の方々も沢山いらっしゃいました。

「おめでとうございます」とお声を掛けさせていただくと、皆様にこにこと笑みで「ありがとうございます」と返していただきました。

とっても私もうれしくなりました。

「七五三」だけでなくもちろんお子さまが誕生して初めて神社にお子さまが参拝される「お宮参り」も沢山のご家族で参拝されていました。

氷川神社はJR「大宮駅」東口より徒歩20分または東武野田線「大宮公園駅」より徒歩15分のところにあります。

koboku-ningyo雛人形・五月人形  人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備