人形感謝祭 明治神宮 ご案内 

人形感謝祭 明治神宮
人形感謝祭は平成元年に始まり、早くも20年を数えます。
お手元で古くなったり壊れたりしたお人形を明治神宮へお持ちください

日本には「人形に魂が宿っている」と信じてこれを大切にする風習があります。

それは現代もなお人々の心の中に生き続けています。明治神宮 人形感謝祭

「人形に感謝する会」では、このように、古くなったり壊れたりした人形をどうしても棄てられずにいる皆様に代わって、「人形の魂をお祓いして、感謝の気持ちをこめて納める(お別れする)」お祭りとして【明治神宮人形感謝祭】を毎年秋に開催しています。

ご家族ご一緒に明治神宮にお参りください。


・・・ 明治神宮 人形感謝HPより抜粋 ・・・

主催:人形に感謝する会  後援:(社) 日本人形協会
 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ

 

人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

 

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

秋のお彼岸 ご先祖様を供養いたします

春のお彼岸同様、お墓参りをするなど、ご先祖様に感謝をし、供養をささげる大切な仏教行事です。

昼と夜の長さがだいたい同じとなる秋分の日(九月二十三日)を中心として、その前後三日ずつ合わせる七日間を『秋の彼岸』といいます。山形 立石寺 秋明菊
仏教の世界には『西方浄土(西の方角には苦しみのない世界=極楽浄土の世界)があると考えていました。

私たちは御先祖さまを偲ぶ尊い機会です。

私も『ありがとうございます。』と心からお唱えさせていただきます。

 

山形 立石寺 秋明菊(しゅうめいぎく)

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ


五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

『ひな人形はじめてくらぶ』新サイトのご案内です。

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形はじめてくらぶ 新ホームページ『ひな人形はじめてくらぶ』が初めて初節句をお迎えする方々にお役に立てるサイトです。

是非!!ご活用くださいますようご案内申し上げます。

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ

 

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

お子様行事の料理 『お食い初め祝い膳』

【お子様行事の料理】では『お食い初め祝い膳』が好評です!!

多くの方に 『お食い初め祝い膳』はご利用いただいていることとても嬉しく思います。

このたびは、 『お食い初め祝い膳』のおもてなしの料理があると~。良いんですが.....。 と言うご要望にお応えしての料理をご用意させていただいてます。お子さまの行事 お食い初め 料理
お孫様のご成長を喜んで下さるご両親をお迎えします。

ママの手作りでおもてなし料理を心を込めて作ります。

小木人形のお子さま行事の料理をご利用ください。

 

 【お子様行事の料理】

お食い初めの祝い膳

 

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

お子様のお祝い事 –お宮参り・初節句・お箸ぞろえ–

お子さまが健やの健やかな成長を願うためいろいろお子さまには祝い事がございます。

お子様のお祝い事 –お宮参り・初節句・お箸ぞろえ–お子様行事 ★ お宮参り
お子様が生まれて初めて産土神(うぶすまかみ)におまいりする行事です。
お子様がこれから住む土地の氏神様におまいりするのが本来です。

お参りする日、は地方によって違い、生後五十日とか百日目というところもあります。
最近は三十日目頃に行われるのが、多いようです。
★ 初節句 雛人形・五月人形
赤ちゃんが生まれて初めてのお節句の日の祝いで、
古くからの日本の伝統行事です。
赤ちゃんの生まれ月によって、次の年に繰り延べることも多いです。

女の子の場合12月~3月2日までに生まれた場合、一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

男の子の場合は2月~5月4日までに生まれた場合には、やはり一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

つまり赤ちゃんが生まれて3ヶ月が目安となります。

★ お箸ぞろえ
生まれて百日目、地方によっては百十日目か百二十日目に祝う行事で『この子が一生食べ物に困らないように』という願いが籠めらた儀式です。

『お食い初め』とも言います。
お祝いに使う食器は新しく整えます。
お子様のお祝い事 –お宮参り・初節句・お箸ぞろえ–

★ お宮参り
お子様が生まれて初めて産土神(うぶすまかみ)におまいりする行事です。
お子様がこれから住む土地の氏神様におまいりするのが本来です。

お参りする日、は地方によって違い、生後五十日とか百日目というところもあります。
最近は三十日目頃に行われるのが、多いようです。
★ 初節句 雛人形・五月人形
赤ちゃんが生まれて初めてのお節句の日の祝いで、
古くからの日本の伝統行事です。
赤ちゃんの生まれ月によって、次の年に繰り延べることも多いです。

女の子の場合12月~3月2日までに生まれた場合、一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

男の子の場合は2月~5月4日までに生まれた場合には、やはり一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

つまり赤ちゃんが生まれて3ヶ月が目安となります。

★ お箸ぞろえ
生まれて百日目、地方によっては百十日目か百二十日目に祝う行事で『この子が一生食べ物に困らないように』という願いが籠めらた儀式です。

『お食い初め』とも言います。
お祝いに使う食器は新しく整えます。
お子様のお祝い事 –お宮参り・初節句・お箸ぞろえ–

★ お宮参り
お子様が生まれて初めて産土神(うぶすまかみ)におまいりする行事です。
お子様がこれから住む土地の氏神様におまいりするのが本来です。

お参りする日、は地方によって違い、生後五十日とか百日目というところもあります。
最近は三十日目頃に行われるのが、多いようです。
★ 初節句 雛人形・五月人形
赤ちゃんが生まれて初めてのお節句の日の祝いで、
古くからの日本の伝統行事です。
赤ちゃんの生まれ月によって、次の年に繰り延べることも多いです。

女の子の場合12月~3月2日までに生まれた場合、一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

男の子の場合は2月~5月4日までに生まれた場合には、やはり一年遅れでお祝いをされても差し支えはありません。

つまり赤ちゃんが生まれて3ヶ月が目安となります。

★ お箸ぞろえ
生まれて百日目、地方によっては百十日目か百二十日目に祝う行事で『この子が一生食べ物に困らないように』という願いが籠めらた儀式です。

『お食い初め』とも言います。
お祝いに使う食器は新しく整えます。

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

敬老の日 おじいちゃん、おばあちゃんお元気で

2015年 敬老の日は9月21日

もともとは9月15日でしたが、今では9月第3月曜日となりました。

老人を敬愛し、長寿を祝う日として1966年(昭和41年)に国民の祝日となりました。お子さまの行事 国民の祝日 敬老の日
聖徳太子によって、身寄りのない老人のための施設『悲田院(ひでんいん)』がこの日に建てられたという由来があります。

なかなか日頃は祖父母、ご両親様には感謝を伝えられないでいらっしゃると存じますが、この日には有難い気持ちをしっかりお届けしたいものです。

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

中秋の名月は九月二十七日です ♪

2015年の中秋の名月は9月27日で、その翌日の9月28日が満月となります。

中秋の名月と満月の日が1日ずれています。 お子さまの行事 中秋の名月
中秋の名月は、新月となる日から数えて15日目の夜の月を云い、満月は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間月のことです。

月の満ち欠け

月はおよそ一か月の間にだんだんと丸くなったり、欠けたりしてゆきます。それを毎月同じように繰り返します。

 

その月の様子を一年中の農作業などに役立てたのです。

秋には特に満月はとっても綺麗に丸く見え、月を眺めて楽しむだけでなく、感謝をしてまいりました。

秋の七草(葛・女郎花・萩・桔梗・藤袴・撫子・薄)と団、芋、果物と一緒に飾ります。

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

菊の被綿(きせわた) 大宮八幡宮

大宮八幡宮 重陽の節句 菊の被綿 (杉並区大宮2-3-1)人形のまち岩槻 小木人形 ひな祭り、雛人形の由来と歴史 重陽の節句 菊の被綿 人形のまち岩槻岩槻 小木人形 ひな祭りと雛人形の由来と歴史 大宮八幡宮

九月十二日の土曜午後、新宿駅からバスで大宮町下車『大宮八幡宮』に行く。

幸せ子育て、安産、縁結び、厄除け開運の八幡様に参拝後、菊の被綿の飾られている清涼殿のロビーへと進む。

お宮詣りのご家族の姿がありました。 おめでとうございます。

菊の被綿はとても綺麗にが飾られていました。IMG00666

菊の被綿

重陽の節句(九月九日)の行事で、前夜菊の花に花色に染めた真綿をおおって、その露や香を移しとり翌朝その綿て顔や身体を払うと不老長寿が保たれるというもので、平安時代に盛んに行われていました。

ことにこの時代の女性には菊の持つ不老・若返りの効をも信じられていた様で、紫人形のまち岩槻岩槻 ひな祭りと雛人形の由来 重陽の節句 菊の被綿式部が道長夫人の源倫子より菊の被綿を贈られて大感激して詠んだ歌が有名です。

菊の露わかゆばかりに袖ふれて

花のあるじに千代はゆづらむ

 

因みに平安時代の宮中儀礼で観菊の宴(重陽の宴)が催され、杯に菊花を酌み交わし長寿を祝い詩歌を作ったと云われ、江戸時代武家でもこの菊の花を避けにひたして飲み祝った云われています。

今年は大祭が終了する二十三日まで飾らせて頂きます。

大宮八幡宮

—–  大宮八幡宮資料紙によります。 —–

帰りはコースを変え、京王・井の頭線 永福町駅から新宿駅西口行のバスを利用しました。

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

重陽の節句 後の雛(のちのひな)

健康と長寿を願う「重陽の節句」

江戸時代には「後のひな祭り」という風習が生まれました。

これは九月九日の重陽の節句にひな人形を飾り、大人の女性が幸せと長寿の願いをこめるというもの。

虫干しを兼ねて節句人形を再び飾ることで、傷むのを防いで長持ちさせようという知恵もふくまれています。

——-      全日本人形専門店チェーン小雑誌より    ——-

後の雛人形のまち岩槻 小木人形 雛人形 木目込み

「和国の女児、雛遊びをなすこと、古き物語にも出でたり。

上巳の節に拠あるよし、三月の部に注す。

今また九月九日に賞する女児多し。

源氏物語には、尋常にも雛遊びありと見えたれべ場、重陽に翫ばんには、なほさもあるべきか。

俳諧、これを名づけて”後の雛祭”とす。

上巳に対していへるなり」  ——– 滑稽雑談 (正徳三) より

 

日本の女の子は雛を飾って楽しんで遊ぶことを古い物語にでています。

上巳の節句をとても楽しみ、今九月九日にも雛を慈しみ楽しむ女の子が多いです。

源氏物語にはいつも雛を飾って楽しむと言われ、重陽の節句もまた同じようになさっていたようで。

これを名づけて後の雛まつり」とします。

後の雛祭りも上巳のひな祭りも同じ行事です。

三月三日のひな祭り(上巳の節句)の行事と同じく陰暦九月九日の重陽の節句に飾るおひなさまを後の雛という

 

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備 

九月九日は重陽の節句 

重陽の節句は無病息災を願う五節句の一つ

陰暦九月九日の節句。陽の数である九が重なることをめでたしとして、「重陽」「重九』という。
そのころは菊の花の盛りでもあるので、菊の節句ともいう。人形のまち岩槻 小木人形 ひな祭りと雛人形の由来と歴史 菊花酒
中国では「登高」と称して、岡などに登り、長寿を祈り菊花を浮かべた菊の酒を飲む。

邪気を祓うためにグミを入れた袋を見につけるととも、グミの酒を飲むともむ言う。

日本においては、宮中で寒菊の宴を催し、菊酒をかわし、臣下に詩歌を作らせた。

民間では、農事に関連した祝いの行事として、九月九日、一九日、二九日を『三九』といい、『みくにちなす』として茄子を食べる地方もある。

また、暖めた酒は、寒さに向かう境目頃にあたる重陽の日に、酒を温めて無病息災をいのったものである。

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
(岩槻工業団地内)
赤ちゃん授乳室完備