TOP > お子さまの行事 


お子さまの行事・お祝い事


お七夜,お宮参り,お食い初め(お箸ぞろえ),桃の節句、端午の節句,初誕生,七五三

人形のまち岩槻 小木人形人形のまち岩槻 小木人形

子供の誕生の喜びを、家族や親類だけでなく知人などの方々と分かち合いたいです


     
 ★ すべて地域などによって色々と異なる場合がございます ★
 お七夜(別名・名づけ祝い)
赤ちゃんの健やかな成長を願っての生後七日目の最初の節目
-----赤ちゃんの構えを生後七日目につけるという古くからしきたりがあります。
      
名前が決まったら、半紙・奉書紙(身近な文房具店などに売っています。)・簡単な名前を書き入れるだけの命名書も
デパートなどで売られています。
命名書はお名前が決まった時点に飾り、大体長く飾ってもお宮参りのころまでの一ヶ月位飾るのが多いようです。
■ お宮参り(赤ちゃんが初めて着物らしい物を着て、氏神さまにご挨拶)
赤ちゃんが生まれてはじめて氏神さまに誕生をできたことのご報告と感謝、またこれからの健康を願って参拝をいたします。

男の子は生後三十一日目、女の子は三十二日目行うのが一般的とされていますが、季節、天候に合わせて
赤ちゃんにさわりの無い日を選ばれることが大事なようです。

赤ちゃんの祝い着は無地一つ身のきものに男子なら紋付の熨斗目、女子なら友禅の祝い着をかけ、
赤ちゃんを抱いた人の背中でひもを結び、このつけひもにお守り袋を下げます。
 お食い初め(お箸ぞろえ)
赤ちゃんが生まれてから百日目に行うのが一般的です。

「この子が一生食べるものには困らないように」との願いをこめて、
初めておっぱい以外の食べ物を食する真似をする儀式、
いわゆる離乳食への移りの準備のようなものです。
■ 初節句

赤ちゃんが生まれて初めてのお節句は、桃の節句・端午の節句の行事です。

なお、節句とは、季節の節目に当たる日で、一年に五回の節句を祝って、これを五節句とよびました。

五節句とは
 一月七日=人日の節句
 三月三日=上巳の節句
 五月五日=端午の節句
 七月七日=七夕の節句
 九月九日=重陽の節句

桃の節句・主役は雛人形
端午の節句・五月人形の内飾りには鎧兜、外飾りには鯉のぼりや幟旗

□赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月には、破魔弓羽子板飾りがあります。

日本では、昔から一つ歳をとるということは、初誕生日でなく、初正月を迎えて一つ歳をとったと数えました。
赤ちゃんから子供への移りを意味するものです。
 初誕生
祝い方は地域によっていろいろとあるようです。
餅を背負わせたり、踏ませたりする習慣が各地に見られます。
和菓子屋さんに「子供の一歳の誕生日用の餅をお願いします。」
と言うと作っていただけます。

紅白の餅と寿の字を入れた餅があります。
子供さまの初誕生日と初節句が近い場合はどうしたらよいでしょうか?

男児の場合3月〜5月生まれの方・女児の場合1月〜3月生まれの方は多くが翌年に初節句をされるようです。

初誕生と初節句は当然重なってしまいますので、一緒にお祝いをされる方、
また、一歳の誕生日はご家族の皆様には特別なものですので、「力餅」の儀式は欠かせないので、
初節句とは別に内輪で済ませる方、と様々です。

七五三
三歳・五歳・七歳という節目に、子供の成長に感謝し、これからの幸せを祈る行事です。

三歳=「髪置き」男女とも生後2,3年は髪を剃っていた赤ちゃんが、髪を伸ばせるまでに成長した祝い

五歳=「袴着」男の子が初めて袴をはく祝い

七歳=「帯解」女の子の着物に付いていた付紐をとり、初めて帯をつける祝い
11月の風物詩に千歳飴があります。
子供が長生きしますようにと、寿に鶴亀の図柄の化粧袋に入った細長い飴に願いを籠めて。
TOP